tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

大器?は いつ晩成す 気づけば人生折り返しポイント? 幸せはどこにあるの~。。

エンゾ
<<  2009年 11月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

懸賞・小遣い ちょびリッチ

最近のコメント
Ooooo I lo…
rayban outlet uk 06/29 12:17
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:25
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:21
続いてこちらにも。…
しんころ 07/12 01:41
この日はお疲れ様でし…
しんころ 07/12 01:29
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。







全仏の夢

 
夢を見た。
なぜかコーチたちと一緒に、生徒全員参加のテニススクール大掃除だ。

テニススクールは中学校みたいなところだった。掃除も終わりにさしかかったころ、水曜レッスンのKコーチに話しかけられた。

話の内容はこんな感じ。
次の大会はファイナルまで勝ち進むと、ウィンブルドンのファイナルと同じ日に行われますからがんばってください。私と同じ日になるといいですねと。

えっ、Kコーチ、ウィンブルドン出るの?
しかも、さりげなくウィンブルドンファイナル進出予告してるよ。
とても驚きだが、それはそれとして、自分が出る試合ってなんだ?

その試合はどうもフレンチオープンのジュニア大会のようだった。なんでジュニアに混じって40代のおっさんが参加するのかは、まあ夢ですから。

レッドクレーで1回戦の対戦相手はインドのキンブリ君。非常に柔らかなテニスで、ものすごいスピナーだ。で、対する自分はなぜか、手ぬぐいで相手のボールを打ち返している。ラケバにちゃんとラケットは入っているんだが・・・。

ジュニアのボールを大人がラケットで打ち返すと、パワーがありすぎてボールがアウトしまくるから、汗を拭くためにもってきたタオルがちょうどいいみたいな変な理屈。それも銀行でもらうようなしょぼいタオル。

でも、このタオルがすごいの。びっくり
ラケットヘッドじゃなかった、タオルの先端が遅れてでてきて、ボールに絡み付くようにインパクト。その後、超絶スピンがかかって、相手コートでとんでもなく跳ねるわけ。

相手のキンブリ君をとっても苦しめました。
でも、彼もすごくて、とんでもないボールを打って来る。2ゲーム目で奇襲のイルカを打たれた。(このネタわかる人?)
でも、それをなんとか返球、コードボールとなって相手コートへ。ごめんなさいのゼスチャーをしたりする。

お互いサービスキープをして6ゲーム目。
ゲームが始まる前にキンブリ君が話しかけてきた。
「あなたは、チャイナクレモナオープン?のファイナリストですか?」
「いや、違うよー、この試合が初参加だよー。」

チャイナとイタリアが混じったようなツアーのことを気にするキンブリ君であった。

キンブリ君、タオルを駆使する私相手にどう戦ったらいいか、わけがわからなくなっている様子。
でも、自分もギリギリのところで戦っていて、それを見破られないように必死。

なあんてことやってたら、6ゲーム目が始まる前に目が覚めた。6ゲーム目から、なぜか違うコートに移らないといけなくて、コートの準備を待っている間に目が覚めてしまった。

ウィンブルドンに挑戦したKコーチはどうなったのだろう?
次回レッスン時に聞いてみるかな。
 
日記 | 投稿者 エンゾ 19:38 | コメント(6)| トラックバック(0)