tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

大器?は いつ晩成す 気づけば人生折り返しポイント? 幸せはどこにあるの~。。

エンゾ
<<  2009年 9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

懸賞・小遣い ちょびリッチ

最近のコメント
Ooooo I lo…
rayban outlet uk 06/29 12:17
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:25
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:21
続いてこちらにも。…
しんころ 07/12 01:41
この日はお疲れ様でし…
しんころ 07/12 01:29
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。







届いたー!

 
ヨーロッパ店から届きました!




不在時に届いたので、郵便局まで行って受け取ってきました。
お店からの送料が35ユーロ、日本国内の税金(消費税・地方消費税)が1200円、通関料が200円。税金は、内訳を見ると消費税が1000円、地方消費税が250円なんですが、合計額は1200円。なんで?

まあ、想定の範囲内です。へへへ

お店からの送料はUPSだとべらぼうに高いですが、今回EMSが使えたので安く抑えることができてよかったです。荷物の追跡ページはフランス語でチンプンカンプン。ドキドキしながら、わけわからんけどなんとかなるだろの精神でなんとかなりました。ピース


で、箱を開けてみると・・・。



うっ、ひでえ。あんまりだ。やっちゃったぁ
ウィルソンのグリップテープ60個入り。ふたが開いてしまってとんでもない状態に。(税関で調べられたのか? 粉なんてねぇよぉーやっちゃったぁ

ほんとにちゃんと60個あるのか怪しみつつ、ケースに入れ直す。数は合ったけど、なぜかケースに収まりきらない。なんでや?冷や汗




続いて現在主力の極太G5ラケットのサブ。イシシ
(1本目はアメリカ店で購入)




Lottoのウェア、トップス。




Lottoのバッグ




このサイドの穴ぼこが何か気になって買ってみたんだけど、どうやらドリンクボトルを差し込む穴みたい。あれー?




TecnifibreのPro redcode 1.2mmロール。
国内では高くて躊躇してしまうTecnifibreのストリングも、海外通販で格安ゲット!ワハハ




Babolatの帽子




最後にadidasのバンダナ



ムフフー音符
たまりませんな。悪だくみ

 
日記 | 投稿者 エンゾ 22:31 | コメント(5)| トラックバック(0)

大阪へ 4

 
テニスの後は、「Japanese cafe&Dining 翠」というお店でくつろぎタイム。
テニスコートに隣接していて、テラスからはちょびっと赤土の雰囲気が味わえます。(看板猫?が気持ち良さげにお昼寝してました)

(この子はお店の子じゃないけど、お店のすぐそばのベンチにて)
くつろぐにゃんこ

ドリンクやケーキ、デザート、どれもおいしそうなものばかり。
(詳細はパンドラさんのとこでどーぞ)

靭に訪れることがあったら、是非。自分もまた行ってみたいです。

もっといろんなお話を聞いたり話したりしたかったのですが、なんだか自分のことばかり聞いていただいて、申し訳なかったです。おかげさまで、だいぶ心が軽くなりました。


ところで。
ウェアを着替えていなかったからなのか、ちょっと寒かったです。
かといって、店内で着替える訳にもいかず。
ラケバを股ではさんで暖をとっていました。へへへ

店を出た後、隣の雑居ビルの入り口が開いていたので、中に入ってとりあえずズボンだけ慌ててはいて。通りすがりの方には思いっきりあやしまれてたかと。。冷や汗

帰りは、*モモ*ちゃんのオンナの勘を頼りに、みんなで本町駅まで。
ここで、maryさんとはお別れ。

自分は新大阪方面なので、みなさんに言われるがまま、来た電車に飛び乗りました。
が、この電車2駅くらい進んでそこ止まり。びっくり
まあ、次から次へとやってくるので、すぐに次のに乗れました。

新大阪では、新幹線の中で食べようと、駅弁を購入。
関西の駅弁ってどれもおいしいから、いつも迷ってしまいます。

指定席で乗り込むと、隣は綺麗な女性が一人。
シャワー浴びてないから臭いしほんとすみません、どうしようどーしよー、などと、一人恐縮しながらいつの間にか爆睡。

結局、駅弁は家に帰ってから食べました。

ひっぱりだこ


中身はこんな感じ。

ひっぱりだこ中身


歯列矯正治療中&治療後も、しばらくタコやイカなどの弾力があって歯にひっかかりやすいものは控えていたので、ずいぶん久しぶりでした。3年振りくらい?

味がしみ込んでいてとてもおいしい!
もう一個買ってくればよかった。やっちゃったぁ


とまあ、久しぶりに満喫の1日でした。
今度はいつ行けるだろうか。
みなさま、どうもありがとうございました。ハート
 

 
リアルテニス | 投稿者 エンゾ 15:17 | コメント(4)| トラックバック(0)

ポチッと

 
あぁー、大阪編がどんどん後回しになって行く。冷や汗

先ほど、Tennis Warehouse Europeにて、いろいろポチッとしてしまいました。
到着予定日は10/1。へへへ

現在使っているラケットの2本目と、ストリング、グリップテープ、アパレル類など。送料をなるべく浮かすためにまとめ買いです。

ヨーロッパのメーカーの商品はアメリカ店より豊富&安い。逆にアメリカのメーカーの製品をヨーロッパ店で買うと高くつく感じ。

ヨーロッパ店の利用は初めてなので、ちょっとドキドキです。
 
テニス | 投稿者 エンゾ 14:25 | コメント(0)| トラックバック(0)

違和感

 
選手の名前を正しく呼ぼう、覚えよう!
声を大にして活動されているブロガーさんがいらっしゃいます。

その考え方にまったく異存はないのですが・・・。

その方が運営されているブログの記事内で、選手の名前を省略して書いておられることに違和感を感じます。

例えば、デルポトロはデルポ、フェデラーはフェデ、ジョコヴィッチはジョコ。

以前、ウダンの呼び方について疑問に感じたことがあって、このブロガーさんの記事のコメント欄で質問させていただいたことがあるのですが、選手の名前を正しく呼ぶ、表記するということにかなりの情熱を抱いておられるようでした。

ブロガーさんご自身も、自分のハンドル名を他人に省略されることが大変不快なのだとか。その気持ちあればこその情熱なのだと思いますが・・・。

それゆえ、違和感を感じずにはいられません。

デルポやフェデ、ジョコなど、ファンが親しみを込めて省略するたぐいの表現であるかと思います。しかしながら、「選手の名前を正しく呼ぼう、覚えよう!」と、活動されている方が、これらの表記を用いるのは、いささかダブルスタンダードではないかと思う訳です。

このブロガーさんのコメント欄は現在閉鎖されておりますので、ご本人に尋ねることができませんし、ご本人はTwitterに登録されているようですが、自分は今のところそれに興味をもちませんので、そちらで質問という訳にもいかず。

なんだか気分がもやもやとすっきりしないので、自分のブログに書き連ねてみました。
 
日記 | 投稿者 エンゾ 03:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

大阪へ 3

 
テニス編です。

コートに到着すると、そこはちょっと独特な雰囲気。びっくり
すごくきれいなコートで、皆さん思い思いにプレーしてらっしゃる。

まわりはビルに囲まれ、大きな道路もあるのに、ここだけとても閑静。
ちょっとハイソサエティな感じ。
なんでも、数年前までは会員制で、一般人は入れなかったらしい。

自分もこれからここでするの? 
ドキドキしてくる。ハート

すでにパンドラさんがいらしゃっていた。
パンドラファンの(年配男性)ブロガーの皆様、相変わらず御綺麗でしたよぉー。イシシ

今日は他に、ぷーさん*モモ*ちゃんも来てくれるそう。
maryさんは、ごうせんさんと二部交代制。お仕事あるのに来ていただいてありがとうございます。

コートサイドで体をほぐしていると、ごうせんさんパンドラさんがアップを開始。しばらくそれを見学して、自分も中に入ろうとごうせんさん側にツツーっと行こうとしたら、「こっちやろ!」とパンドラさんから早速ツッコミが。冷や汗

で、パンドラさんのほうに入ろうとしたら、今度はパンドラさんがツツーっと、ごうせんさんの方へ。

なんでそうなるんだあー」の、1対2のボレスト開始。
ごうせんさんは加減してくれるけど、パンドラさんは容赦ないフルスイング。
ネットを越えたあたりからぐわーっと伸びて来る。
そういや、午前中にレッスン受けてきたって言ってたっけ。

これはかなりしんどい。
噂のダブルハンド、かなり強烈。どーしよー

少し後ろ気味にポジションをとって、ミドルからローあたりでさばこうとしたのですが、なかなか思惑通りにはやらせてもらえず。
パンドラさんのフォアがあまりにしんどいので、途中からバック側になるべく配給して、まあなんとかといった具合。

あとで聞いたら、「普段、女性相手だから。男性相手だったら思いっきり打てるやん!」とのこと。

一応、男性としてカウントしていただいて感謝、しときます。ごめんなさい

結局、アップだけで1時間以上はやってたような。
もうへとへと、アップでアップップ状態パンドラ語録より引用)になった頃に、プーさん登場です。

プーさんには申し訳なく、ほとんどアップ無しでゲームへ。

過去に何度かリアルでご一緒させていただいてますが、いつも大勢いてざわざわしてるから、みなさん一人一人のプレーをまじまじ見るのはこれが初めてかも。

ごうせんさん:いやらしい回転技とすごくキックするサーブ。
パンドラさん:前衛苦手というのは過去の話。パンドラさんがポーチ!?
プーさん:ショットセレクションに無駄が無い。サーブでミスらない。
エンゾ:ダブルフォルト量産。

だめじゃん、俺。冷や汗

この日はというか、ここんとこスクールでもサーブが大乱調な自分。
トスを上げたとたんに、どう打っていいかわからなくなる。
振り抜きが悪くて、セカンドのスピン系もダメダメ。

自分のゲームはほとんどキープできず。
そのかわり、リターンゲームではなんとかがんばれたかなあ。

それにしても、なんとなくアウェーなのか、微妙に緊張して体がかたかったです。

しばらくゲームを続けていると、*モモ*ちゃん登場祝

登場・・・。

登場・・・・・・。

あれれ? スコートじゃないぞー叫び

まあ、それはさておき、1年前より小顔さんになってました。
本人ご謙遜してましたが、ヒ◯ズダイエットはダテじゃない!
俺もやろうかな。へへへ

*モモ*ちゃん、力み無く腕がしなって加速する感じ。
これが噂の「愛の脱力スイング」なのね。なんとも、うらやまけしからんショットです。。お前なぁ


人数も増えてきてリアルっぽくなってきたのですが、ごうせんさんが退場です。
maryさんと二部交代制なのが残念。お仕事の日なのにありがとうございました。

さて、maryさん
ごうせんさんが帰られた後、なかなかお姿がみえない。
それから30分くらい過ぎたでしょうか、観客席の端っこで手を振る人を発見。
相変わらずほんわかした雰囲気で、ごうせんさんがちょっとうらやましいエンゾでした。

maryさんは、一球一球すごく丁寧でよく考えて打ってる印象。
自分のような博打打ちは見習わないといけないです。やっちゃったぁ

これで全員登場です。
途中、maryさんパンドラさんがいつのまにかサイドを入れ替わる忍者テニスを展開したりと、終了の17時までテニスを満喫。

あっ、そういえば。
自分が打ったスマッシュもどきがmaryさんのフレームにあたって、そのまま場外へ。あのボール、拾い忘れてしまいました。

終わってから拾いに行くはずが・・・。
ニューボールだったのにすみません。


テニスの後はカフェへ・・・。おっと、その前に。

オムニのように後片付けです。
ただ、オムニと違って、白線の上をほうきで掃いてきれいにします。
これがなかなか難しい。
掃くと、掃いた土が線の上にまた乗ってしまい、なかなかきれいにできないんです。かなりマゴマゴしてしまいました。冷や汗

なんとか掃き終わり、さあ着替えるかあと目線を更衣室へ移すと、げっ!しまってる。怖~い
しゃあない、このままお店へGOだー!



アフターテニス編へ続く。
 
リアルテニス | 投稿者 エンゾ 11:57 | コメント(7)| トラックバック(0)

大阪へ 2

 
靭公園までの道中編。
お昼の12時頃、ごうせんさんと御堂筋線本町駅19番出口にて待ち合わせ。
・・・たのだけど、早速トラブル発生。怖~い

工事のために19番出口が閉鎖されてしまっていた。
出られない。どーしよー

とりあえず、maryさんに電話してみる。

E:「あのー、かくかくしかじかでー。」
M:「多分もう19番で待ってると思いますよぉ。」

困ったな。
とりあえず、地上に出てみる・・・。ここ、どこだ?冷や汗

iphoneのgoogle mapで確認。
とりあえず西へ移動してみようと歩き出したら、現在位置のマーカーが東方向へ。
マップ見ながら反対方向って、どんだけ方向音痴だよ、俺。

そんなこんなで、とりあえず18番出口を発見。
もう一度、maryさんに電話してみる。

E:「今、18番出口を見つけたんですけど・・・」
M:「それはいかんわー」
E:「!?」(えーーーっ、なぜーーー!?)

どうも、出口番号は連番で並んでる訳ではないらしい。(なんでや?冷や汗
19番出口は18番から西へ400m、らしい・・・。
そして、ごうせんさんは携帯を持たない人らしい・・・。

てくてく歩く、ひたすら歩く。会えるかなあ・・・。
交番で19番のこと、聞いてみようかなどと考えていたら、前方にごうせんさんを発見。


ごうせんさん、自転車で登場。
しかも!

1人なのに、2台!
自転車に乗りながら、もう1台を掴んで並走させている。
器用な人だー!

以降は、しばらく自転車で移動。
移動、なんだけど・・・。靭公園からどんどん遠ざかって行く・・・。びっくり


そして、せっかくの自転車、・・・なんだけど・・・。

なんか、すっげーグラグラする。どーしよー
それなりに重いラケバをタスキがけで背負っていたので、背中であっちこっち動いて、バランスが取りにくい。
リュックのように背負えるラケバなら良かったんだけど、持ってきたラケバにはそれがない。満員電車で迷惑にならないようにと、中途半端に小さめのを選んだことが裏目に出てしまった。

自分の遥か先を走り去って行くごうせんさん。怖~い
心の中で「待ってーーー!怖~い」と叫びながら、フラフラグラグラ、一生懸命漕ぐ自分。

それから、もう一つ。
路地裏のあの超絶狭いすれ違い距離は異常!怖~い怖~い怖~い
田舎ではありえない!

人やら自転車やら車やら、とにかく異常に狭いスペースを、スピードを落とさずに突っ込んでくるのだ。「その間合いは普通、譲り合いして止まるでしょうがぁー!」という感覚が全く通用しない。

グラグラ走行、背中のラケバをあちこちひっかけてしまいそうになりながらも、必死でごうせんさんを追う。まいったぁ


どっかの交差点でなんとか追いつく。
G:「最近、自転車乗ってんの?」


・・・。ごめんなさい

その後も、遅れ気味になりながら、なんとかお店に到着。
「うさみ亭マツバヤ」さん。

おじやうどん

看板の「おじやうどん」をいただきました。にっこり

その名の通り、おじやのなかにうどんが入ってる。びっくり
おなかが空いてて、ズルズル一気に食べちゃったから、写真は無し。
穴子も入ってて、なかなか具沢山でした。照れちゃう

さて、食事後は、靭公園へ。
と、思いきや、どうも連れて行きたいところがあるらしい。

それは、黄色のお店。
僕が黄色好きということを覚えてくれていて、店内黄色づくしのお店に連れて行ってくれるらしい。雑貨屋さん?あれー?

期待しながら、グラグラついて行く。
さらに公園からは遠ざかりー、しばらくして目的のお店に到着。

へっ?
えっと、黄色・・・づくし?


どうも勘違いだったらしく。

「この辺が黄色だから、黄色いものを売ってる店かと思ったんだけどー」と、指さすが、指した先は別に黄色ではない。冷や汗

で、着いた店はというと、ココ↓。
VAN GOGH MUSEUM

ゴッホグッズのお店

絵画は好きだし、もちろんゴッホも大好き。
これはこれでうれしい、早速店内へ。

いろんなゴッホグッズが飾ってある。
黄色はともかくとして冷や汗、かなりいい感じのお店。

一通り店内を物色、ちょうど欲しい物があったのでお買い上げ。

エスプレッソセット

「ひまわり」の絵柄のエスプレッソカップセット。
ひまわり=黄色、ですな。悪だくみ

思いがけず素敵なお店に入れてラッキーでした。
ごうせんさんの思い違いに感謝です。冷や汗
もうちょっとゆっくりしたかったけど、テニステニス。急げ

この店、また行きたいなあ。


テニス編に続く。
 
リアルテニス | 投稿者 エンゾ 11:06 | コメント(6)| トラックバック(0)

大阪へ

 
お忍びで行ってきました。場所は靭公園テニスコート
サーフェスはアンツーカー、全仏のあのレッドクレー、憧れのレッドクレー!
とっても、美しいコートでした。ハート

靭公園


一ヶ月ほど前に、maryさんに連絡して予約をお願いしたのですが、このコートがとれたのはほんとに偶然。ハードコートが全部塞がっていて、なぜかここだけが空いていたのでした。普段はとれないらしく、思いがけず貴重な体験です。

赤土のコートって、昔は高原などのリゾート地に行くと結構あった気がします。
当時、数回楽しんだ覚えがありますが、その記憶と今日の印象では全然違いました。

まず、ボールがめちゃめちゃ跳ねる!びっくり
あんまりスピンを意識しなくても、肩から頭くらいまでポーンと跳ねてきます。
ボールのスピードはそんなに速くないと思うんだけど、伸び上がり方がすごいから、押されてしまって自分の時間を奪われてる感じ。

そうかといえば、スピン回転がかかっているのに、全然弾まずに低く伸びてきたりもする。イレギュラーバウンドの一種なんでしょうか?

予測しがたいボールの動きに翻弄されっぱなしでしたけど、これがまた楽しい!ワハハ
好きですねえ、このサーフェス。

意外と足元は滑らなかった印象。
もっとズリズリいくのかなと思ってたので、これはちょっと残念。ビミョー
シューズのおかげなんでしょうか?
(昔はオールコート用シューズだったので・・・)

今日、集まってくださったみなさん、どうもありがとうございました。
おかげでとても楽しい一日を過ごすことができました。
今日、予定が合わなかった他の皆さんともお会いしたかったけど、あまり多くを望むのも贅沢ってもんです。
でも、また、時間を作ってお邪魔したいと思います。
そのときは是非!

今日のエピソードはまた追々。あんなことやー、そんなことー。悪だくみ

 
リアルテニス | 投稿者 エンゾ 23:14 | コメント(10)| トラックバック(0)

視聴料・・・

 
WOWOWの全米オープン。
今大会は、放送される試合にいつもより偏りがあるような気がする。
いろいろと大人の事情があるんだろうけど、もう少し、いろんな選手の試合を放送してくれるといいんだけどなあ。

視聴料を払ってる側としては、もうちょっとなんとかして欲しいぞ。
これだけの大会なのに、10名足らずの選手しか出場してないんかい?

仮に現地観戦したとしても全部の試合を観戦できる訳ではないのだから、ここはテレビならではの特性を活かして、全試合の中から見たい試合を選んで購入みたいなシステムがあるとうれしい・・・、まあ、無理、か。

ようはベルダスコとハースの試合が見たかったのだ。
WOWOWさん、期待してたのに、残念。。

しょうがない、ウォズニアッキとシルステアの試合に期待しよう。
このカードなら、きっと放送してくれるはず。


だよね?


それから、見たい試合を寝ずに待ってるファンもいるのだから、定刻通り放送終了するのか延長するのか、もっと早い段階でテロップを流すべきじゃないかなあ。局の都合だけで放送終了間際に「このまま延長します」だと、次の時間帯の番組を楽しみにしている人もいるんだろうし・・・。

民放だったら、文句は言わないけど。
視聴料・・・。
 

 
日記 | 投稿者 エンゾ 12:01 | コメント(2)| トラックバック(0)

速いのか衰えたのか?

 
最近のコーチ、全てのショットにおいて以前より速くなっている気がする。
サーブなんかは顕著で、ワイドに打たれると追いつくのがやっと。
コーチとペアを組んでいる前衛にポーチを簡単に決められてしまう。

スクールのボールは、もういい加減かなりケバケバのぐにゃぐにゃで、ボールの寿命はとっくに終わってる。それでいて速く感じるということは、ワンレベル上がったと考えて間違いない?

じゃあ、自分のレベルも上がったのかというと、そうも言えないんだなあ。やっちゃったぁ
というわけで、自分のヒッティングゾーンで気持ちよく打たせてもらえない。
どうしたら、自分の打点で打てるか、しっかりと考えないといけないなーと思う。

でも、そのことをコーチに尋ねると、「そんなことはないよ悪だくみ」と、しれーっとした顔でのたまうのだ。

うーーーむ。
自分が衰えたのか・・・、そうかもしれない。
否、絶対速くなってる。

10月からはニューボールに切り替わると思うけど、自分はちゃんと対応できるだろうか。
9月中にせめて今のスピードにきっちり対応できるようにがんばろう。
 
スクール | 投稿者 エンゾ 00:03 | コメント(0)| トラックバック(0)

高い打点を打つ

 
気を取り直して、金曜レッスンの内容。

メインはチャンスボール叩き込み練習。
緩いボール、サービスライン付近の高い打点を叩き込む。

個人的には高い打点は好き。
だけど、普段、高い打点の練習はあんまりないのでミスも多かった。
フォアバック合わせて6割ちょいくらいの成功率、微妙。

自分が意識したことは、
・ヒッティングゾーンまでのステップワーク
・打点の高さに合わせたコンパクトなテイクバック

(横向きをしっかり)
・軸足のキックアップ
・踏み込み足をしっかりのばしてまっすぐな姿勢を維持
・厚いグリップでコンプリートスイング

(目線残し、肩の横に巻付けるように)

最初のステップが合わないと、ミスの確率急上昇。
逆に言えば、ステップさえあえばあとはなんとか。

この練習、レッスンの中で毎回定番化して欲しいなあ。
高い打点が好きでも、好きなだけでは確率をあげられない。練習の積み重ねで振り切る自信をつけたいです。


この日のレッスンは、それ以外は得る物無し。
形式練習では、自称テニスコーチな方が好き勝手やって、練習にならなかった。
初球リターンをクロスのコーチに返さずにストレートロブばかり上げるなら、せめてコート内にボールを入れて欲しかった・・・。
 
スクール | 投稿者 エンゾ 11:50 | コメント(2)| トラックバック(0)

あの頃を思い出して

 
テニスの帰り道。
そういえば、今日はテニスジャーナル誌の発売日じゃーんと思いながら、本屋に立ち寄ってみると明日発売でした。んがっ!お前なぁ
まっ、明日(もう今日だけど)また買いに来るとして、それはそれとして。

「雑誌買って帰るモード」になっていたので、なんだか気持ちがおさまらない。

なんかないかなーとテニス雑誌の隣を見ると、自分的にかなり懐かしいものを発見。

で、買って帰ったのはこれ。

こんな雑誌


自分がビリヤードを始めたのは、小学校低学年の頃。
父が生前プロ(アマ時代長く途中からプロ変更)だったので、その影響でというか、やらされてましたね、相手役ってことで。

実家には四つ玉テーブルとポケットテーブルが一台ずつ。
相手役と言っても、プロと子供。
んなもん、勝負になるわけありません。

父はほとんどミスらないから、1時間も2時間もずーっと、そばで見てるだけです。
たまにミスが出て交代しても、こちらはすぐにミスしてしまいますから、それからまた見てるだけ。

つまらなかったです。教えてくれるわけでもなかったし。
それでもまあ、長年やりつづけてると、それなりに撞けるようになるもので、映画「ハスラー2」でビリヤードが大流行りしたあの時代、それなりに女の子にもてたものです。へへへ

父が亡くなったのもちょうどその頃。
それまでのやらされてる感からようやく解放されて、もうビリヤードなんてやらねーと思ってたんですが、みんなが「すげーっ!」と言ってくれるのが心地よくて、気がつくといつのまにか積極的にキューを握ってました。血は争えないってやつでしょうか。

プールバー(懐かしい響き!)でチーフを勤めつつ、あちこちのアマの大会に出たり。

だけど、プロの道を目指そうとは思わなかったなあ。
家庭をかえりみない父の姿を見て育ったし、まっとうな職業に就きたい気持ちが普通にあったので。大学卒業を境に、すっぱりやめてしまいました。

まあ、在学中に出会った競技スキーのほうが面白くなっちゃった、ってのもあるんですけどね。


あれから、何年経つんだろう。
久しぶりにマイキューを引っぱりだしてみた。

子供の頃のは、さすがにどこかにいってしまって見つからなかったけど、バブリーな頃に買ったのが、あったあった。これずいぶん高かったっけ。

懐かし?のマイキュー

ちょっと懐かしくなって、やってみたくなった。
久しぶりにあの店に顔を出してみようかな。
でも、今はもう、タバコの煙が生理的に受け付けなくなってしまっているからなあ。

実家のプールテーブル?
父が亡くなったときに、母が処分しました。
母の気持ち、わかる。

実家にいると、なんだか、今まで忘れていたいろんなことを思い出してしまう。
つらいことやつらいこと、って、あんまり楽しい思い出が無いなー。

収拾がつかなくなってきたので、この辺で撤収ー。
まあ、自分の意思で始めたことが一番楽しいやね。今はテニスが一番!ワハハ
 
日記 | 投稿者 エンゾ 01:49 | コメント(3)| トラックバック(0)

うんがああああああ

 
自称テニスコーチ
うぜえええええええ。
もう来るな!
ベー



あーっ、すっきりした。
以上、おわりワハハ
 
スクール | 投稿者 エンゾ 21:05 | コメント(2)| トラックバック(0)

求ム、あの音色

 
ワタクシiphoneユーザーでして。
まあ、まだにわかなんですが、気になるアプリを見つけてはインストールして楽しんでます。

で、テニスプレイヤーのiphoneとしては、テニスアプリが入ってないといかんだろうと。

「tennis serve」というフリーゲーム。
アプリを起動して、iphoneをラケットに見立ててスイングすると、サーブを打つ音がします。

相手コートでバウンドする音、リターンする音、自分のコートでバウンドする音、これらの音を頼りに、自分が打つべきタイミングを測って次のショットをスイングします。

うまくタイミングが合うと、自分のショットの音が聞こえ、プレイが続きます。当然のことながら、タイミングが合わないと、空振り&観客からため息が。

辛抱強くラリーして、ここぞと思うところで強振、相手からエースを奪ったりすると、なかなか快感です。音だけというのが、かえって想像が膨らみ燃えてきます。

ただ、プレイに熱くなりすぎてiphoneをぶんなげてしまいそうになるのが、ちょっと困りものですけど・・・。


と、テニスアプリの話はここまで。
実は、誰か作ってくれないかなあと思ってるアプリがあるんです。

それは、「口笛アプリ」

口笛といっても、アレです。
通りすがりに美女ハートを見てしまったときに思わず出ちゃうアレ。へへへ出ねえって冷や汗

昔は、自分の口で音を出せけど、歯列矯正をしたらなぜかできなくなってしまい・・・。口笛自体がうまく吹けなくなってしまったというか・・・。

そこで、iphone。
美女の横を通り過ぎるときに、「あの口笛ハート
きっと、こっちを振り向いてくれると思いません?

誰得?なアプリですが、俺得です。イシシ
誰か作ってぇーーーーー!
 


以上、アホの独り言でした。ごめんなさい
 
日記 | 投稿者 エンゾ 21:00 | コメント(0)| トラックバック(0)