tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

大器?は いつ晩成す 気づけば人生折り返しポイント? 幸せはどこにあるの~。。

エンゾ
<<  2008年 2月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

懸賞・小遣い ちょびリッチ

最近のコメント
Ooooo I lo…
rayban outlet uk 06/29 12:17
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:25
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:21
続いてこちらにも。…
しんころ 07/12 01:41
この日はお疲れ様でし…
しんころ 07/12 01:29
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。







習字で書いたあの言葉

 
最近、ふと『努力』とはなんぞや? 
と、気になってネットで調べてみた。

ポチッと押せば、続々と検索結果が。
いや~便利な時代になったもんだな~。へへへ

何者かは知らないけどジェイコブ・リーズって人の言葉
「孤立無援の窮地に陥った時、私は石切り場へ行く。そこでは石工が、岩に向かってコツコツとハンマーを振っている。

もう100回も叩いただろうか、それなのに岩はヒビ1つ入らない。でも、101回目にその岩は真っ二つになるかもしれない。しかもそれは、最後の一撃のせいだけではない。

それまでにコツコツ続けられた努力のたまものなのである。」


う~む。なかなか深いお言葉。ビミョー
継続こそ力なりということでしょうか。

目的を達成するための手段を理解している場合は、迷いなく進み続けることができるかな。

でも、その手段がわからないときはどうしたらよいでしょうかね。
人によっては、諦めちゃうかもしれないし、あがくかもしれない。

目的・目標が、その人にとって、どれだけ大切なことであるかがポイントになってくるのかな。
自分がやりたいこと、かなえたいことのためだったらごく自然にやっていることが、他人から見れば、「あの人、努力してるなあ」と見えるかもしれない。
本人が努力してるという意識がなくても・・・。

努力と思わないでやってることが努力?
う~ん・・・。困った

だけど、目的・目標が常に自分の好むことであるとは限らないんだよな~。
この場合、それを達成するためには、ある程度の苦痛が伴う気がする。怖~い

目的・目標を達成するために労力を使うことには変わりはないのに、気持ちの持ち様はずいぶん違うかも。

努力の定義って難しいなあ。

いや~なことに対しての努力って、なんだか自分の中で「こんだけ努力してんのに・・・なんで・・・」というネガティブな要素がつきまとってる気がする。

もしくはそれ以前に、めんどくさいからやだな~と、その手前で止まっていたり。冷や汗

例えば、テニスで考えてみる。

人からはよく、
すごいね~、勉強熱心だね~。
とか、
なんでそんなことまで知ってるの? マニアック物知りだね~。
だとか、

言われることが多い。

でも、そう言われても、「好きだから」としか言いようがない。
別に熱心に勉強してるなんて思ったことは一度もないし、聞かれなければ、自分から語ることもない自然なこと。

こうやって考えていくと、『努力』という言葉。
そういえば、小さい頃からあまり好きな言葉ではなかったような気がする。

習字の授業の時に、半紙に書かされたっけ。ぷんぷん

キライなことやイヤ~なこと、なんとかどうやっても避けることができない時に頑張ることが、自分的には努力ってことになるかなぁ。

まあ、何をやるにしても、
これだけ努力してるのに・・・頑張ってるのに・・・
と、周りにアピールすることだけはやりたくないな。なんだか言い訳くさい。

いや~なことが相手でも、自然にできる(自然に近づける)ように、
方法を変えるかどうにかする。


101回目は是非とも快感で~ハート

 
日記 | 投稿者 エンゾ 09:46 | コメント(6)| トラックバック(0)