tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

大器?は いつ晩成す 気づけば人生折り返しポイント? 幸せはどこにあるの~。。

エンゾ
<<  2008年 5月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

懸賞・小遣い ちょびリッチ

最近のコメント
Ooooo I lo…
rayban outlet uk 06/29 12:17
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:25
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:21
続いてこちらにも。…
しんころ 07/12 01:41
この日はお疲れ様でし…
しんころ 07/12 01:29
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。







復帰

 
実はいろいろと事情があって、4月の初めからず~っと、スクールをお休みしておりました。
休会ってやつです。

先々のことはわからないけれど、とりあえず今日(水曜)から復帰しました。

ほんとは金曜レッスンなので、今週の金曜からなんですが、5月9日(金)からという扱いで(2日(金)はGWのため休校)、9日と16日の2回分は振替レッスンとして消化するってことで~。

日曜のエン・にゃん会疲れも、だいぶ回復していたので、金曜のビリーレッスンの前に体を慣らしておかないとやばいってもんです。。冷や汗

さて、レッスンに行ってみると自分を含めて5人。
なんとここのレッスン枠、レギュラーメンバーはたった一人しかいないのだとか。びっくり
しかも、今日はそのレギュラーの生徒さんはお休み。
だから、集まった5人はみんな振替組。

コーチ曰く
「振替で来てくれないと、このクラスは成り立ちませ~ん。どんどん振り替えてくださいね~」

冷や汗冷や汗冷や汗冷や汗冷や汗
良いコーチなんだけどなあ。なんで人気ないのかな、不思議。

フリーチケット買って、しばらくの間、追加で通おうかと少し思ってしまった。
時間が許せばねえ・・・。


レッスン内容はクロスのストロークが中心。
エン・にゃん会の時に力みまくってた自分にはタイムリー。

コーチとフォアハンドbVSフォアハンドbで打ち合う。

がっ! うっ、うまく打てん。
フレーム、ホームラン、空振り、なんでやねん。お前なぁ

今日からニューボールに変わって球足が速いせい?
まあ、多少はそれもあるかもしれないけど、やっぱり力みだよなあ。やっちゃったぁ

などと悩んでいると、コーチからアドバイス。
「ボールの軌道上、打点には速く入れています。ただし、速く入りすぎかも。」

クエスチョン・マーククエスチョン・マーククエスチョン・マーククエスチョン・マーククエスチョン・マーク
ええ~、なんで~。速いのならいいんじゃないの~。なんで~。

「速く入りすぎると、自分の打点まで待つ時間が長くなりますね。」

うん、そりゃあそうだ。

「そうすると、打つぞ~、打ってやるぞ~って、テイクバックのまま力んで固まっちゃうんです。」

なんてこった~。まいったぁ
自分では力まないようにしてるつもりでも、それでもまだまだ相当力んでたみたい。

なんていうんだろ。
やっとの思いで追いついたボールって、自分で信じられないショットで打ち返せることってありますよね。
あんな感じか。(どんな感じだ?冷や汗

ボールに対して、余裕を持って追いつくのはもちろん大事だけど、邪念があると力んじゃうんだろうなあ。
突っ走って拾うボールには邪念を抱く余裕はないもの。

気を取り直して、再びフォアハンドbVSフォアハンドb

リラックスリラックス。
う~ん。さっきよりはマシになったかな。
脱力って、難しい~。

今日のレッスンはあっという間の90分でした。


さて、レッスンが終わって更衣室に戻ろうとしたら、次の時間帯にレンタルで入る方々を発見。という~か知り合い。

ラッキーなことに混ぜてもらえました。イシシ
ここでも合計5人。
ダブルスを4ゲームずつやって、一人ずつ休憩で抜けて交代していく。

気心知れた人たちだったせいか、ずいぶんとリラックスできている。
ストロークもボレーもスマッシュもサーブも、全てのショットがうまくいく。びっくり
さっきのレッスンが嘘みたい。

フォアバックのドライブボレーもバッチリ。
打ち込むだけじゃなくて、つなぎのショットも。
コートが広く見えるし、コースが見える。不思議。

いつもこんなに気持ちよくゲームができたらいいなあ。
今日は楽しい一日でした。ピース

 
スクール | 投稿者 エンゾ 02:19 | コメント(2) | トラックバック(0)