tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

大器?は いつ晩成す 気づけば人生折り返しポイント? 幸せはどこにあるの~。。

エンゾ
<<  2007年 3月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

懸賞・小遣い ちょびリッチ

最近のコメント
Ooooo I lo…
rayban outlet uk 06/29 12:17
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:25
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:21
続いてこちらにも。…
しんころ 07/12 01:41
この日はお疲れ様でし…
しんころ 07/12 01:29
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。







コーヒー学入門


金曜日のことになりますが、金沢大学主催の「コーヒー学入門」という講義を受講してきました。
会場に行ってみると、200名を超える参加者で場内はパンパン。

入場者にはウェルカムコーヒーサービスがあるはずなんだけど、全員に行き渡らない。
エンゾも飲めズ。やっちゃったぁ

講義の内容は、コーヒーの発祥・歴史、コーヒーにまつわる経済学など、いかにも大学という感じでなかなか楽しめました。

で、最後に利き酒ならぬ利きコーヒー(=カッピング)というのがあって、これはしっかり飲むことができました。ピース

カッピングというのは、コーヒー農場で栽培された豆がちゃんと均一の品質が保たれているかどうかを試験することで、一人の人が全部自分の舌でチェックするのだとか。
彼らは一日に300杯くらい飲むそうですよ~。びっくり

優秀な舌を持ったテスターさんは大企業と契約していて、年収が6000万~8000万円にも!
企業にしてみたら、自分とこから発売するコーヒーを一人のテスターさんに託すわけですから、おおごとなわけなんですが・・・。

コーヒー豆を収穫する子供達が、朝から晩まで一日中働いても日当が80円100円という暗い現実ビミョーを考えると、信じられない額です。

最近では、原価に対して透明感ある適正価格で取引しましょうという運動が徐々に広まりつつあって、これをフェアトレードコーヒーと言うのだとか。
フェアトレードの基準として、コーヒーチャイルドが小学校にちゃんと通えるようにする、病気になったら病院で診てもらえるようにすること。

残念ながら、日本ではフェアトレードマークが付いたコーヒーはなかなかお目にかかれないけど、今後徐々に増えていくことを期待したいですね。

さて、話を戻してカッピングです。
味や香りなど、配られたコーヒーの評価をつけてみましたが、答え合わせでは・・・。ごめんなさい
まあ、個人が楽しめればね、それでいいんですよ・・。嗜好品ですからね。冷や汗


帰り際、おそらく来場者全員が期待していたであろうおみやげの数々。
フェアトレードコーヒーもいただきました。なんと200gも!目がハート

受講料無料なのに♪


そして、帰宅途中に見つけたお店で買ったのがコレ。
(コーヒーと関係ないけど)

赤も欲しかったけど我慢。。履くとこんな感じ♪

CROCSの草履。これすごく履き易いんです。
内履き用と外履き用に2足購入♪
まさか、自宅のすぐ近くにCROCS SHOPがあるとは・・・。
うれしい発見です。ワハハ

 
日記 | 投稿者 エンゾ 22:25 | コメント(17) | トラックバック(0)