tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

大器?は いつ晩成す 気づけば人生折り返しポイント? 幸せはどこにあるの~。。

エンゾ
<<  2006年 12月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

懸賞・小遣い ちょびリッチ

最近のコメント
Ooooo I lo…
rayban outlet uk 06/29 12:17
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:25
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:21
続いてこちらにも。…
しんころ 07/12 01:41
この日はお疲れ様でし…
しんころ 07/12 01:29
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。







幻の通天閣ショット

 
今日のレッスンのお題は、ロブ。
ラリーのリズムを変えたり、相手並行陣を崩したり、自分の体制を立て直す時間を稼ぐためのショット。

今日のコーチは大変だったんじゃないかなあ。
朝からずっと、左右に打ちあがるロブを追って走り続けてたわけですから。失礼しました
(自分達は4レッスン目)

でも、コーチが自分のこと、左右に振ってみてくださいって言ったんだもんね。悪だくみ

で、子供の頃のことを思い出した。中学一年、バレーの授業で。
クラスメートの男の子が「必殺!通天閣サーブッ!!」って叫びながら、それはそれは空高く打ち上げるアンダーサーブを打っていたことを。
(当時、通天閣の意味がわからなくて、二点角だと思ってた。冷や汗

よっしゃあ! 蘇りし太古の記憶!ざまあ見ろ

ひっさぁ~つっ! 通天閣ロブ~!!




ゴ~~~~~ン。ここインドアやし、無理や冷や汗


通天閣ロブは失敗に終わっちゃったけど、楽しいレッスンだった~。イシシ

もちろん、コーチからも、いやらしいロブが次々に上がってくるけど、なぜだか今日はボールがよく見えたし、コート全体が見やすかった。「ロブを上げる→上を見る。→コート全体が見える」こんな図式が成り立っていたのかも。

もっとも、ゲーム全体のスピードが緩慢になりがちで、打ち込みに行くタイミングが取りづらかったのも事実。ビミョー
ゆっくりなゲーム運びに流されるのではなく、意識的にゲームの流れを速めたり遅くしたり、そんな組み立て方というか、打ち方を身に付けなくちゃいけないなあと思いました。
スピンロブとスライスロブ、両方試してみたけど、スピンロブのほうが打ちやすいですね、自分。

スピンといえば、新しく張り替えたガットが相性いいみたい。
ラリー中にいつもより回転量を増やせたし、普段ならアウトしちゃうショットがコート内にしっかり残ってくれた。びっくり
ポリステルのガットって、ナイロンよりも飛びが抑えられているのかな?

今日はFischerのほうだけ使いました。ポリプラズマの打球感はマイルドな感じ?
もう少しシャープなほうが好きですけど、ボールの食いつき感がしっかりあって打ちやすかったです。
水曜の練習の時にはBABOLATに張ったポリスピードスピンを試してみよう♪
 
テニス | 投稿者 エンゾ 21:20 | コメント(30) | トラックバック(0)