tennis365.net テニス365ブログ 新着記事を読む ]    [ テニス365 ホームショッピングニュースログイン ]

大器?は いつ晩成す 気づけば人生折り返しポイント? 幸せはどこにあるの~。。

エンゾ
<<  2008年 2月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  

懸賞・小遣い ちょびリッチ

最近のコメント
Ooooo I lo…
rayban outlet uk 06/29 12:17
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:25
しんころさん、こんに…
エンゾ 07/12 11:21
続いてこちらにも。…
しんころ 07/12 01:41
この日はお疲れ様でし…
しんころ 07/12 01:29
このブログサービスは「テニス365 テニスブログ」で運営しています。テニス365会員なら無料でご利用・作成いただけます。







習字で書いたあの言葉

 
最近、ふと『努力』とはなんぞや? 
と、気になってネットで調べてみた。

ポチッと押せば、続々と検索結果が。
いや~便利な時代になったもんだな~。へへへ

何者かは知らないけどジェイコブ・リーズって人の言葉
「孤立無援の窮地に陥った時、私は石切り場へ行く。そこでは石工が、岩に向かってコツコツとハンマーを振っている。

もう100回も叩いただろうか、それなのに岩はヒビ1つ入らない。でも、101回目にその岩は真っ二つになるかもしれない。しかもそれは、最後の一撃のせいだけではない。

それまでにコツコツ続けられた努力のたまものなのである。」


う~む。なかなか深いお言葉。ビミョー
継続こそ力なりということでしょうか。

目的を達成するための手段を理解している場合は、迷いなく進み続けることができるかな。

でも、その手段がわからないときはどうしたらよいでしょうかね。
人によっては、諦めちゃうかもしれないし、あがくかもしれない。

目的・目標が、その人にとって、どれだけ大切なことであるかがポイントになってくるのかな。
自分がやりたいこと、かなえたいことのためだったらごく自然にやっていることが、他人から見れば、「あの人、努力してるなあ」と見えるかもしれない。
本人が努力してるという意識がなくても・・・。

努力と思わないでやってることが努力?
う~ん・・・。困った

だけど、目的・目標が常に自分の好むことであるとは限らないんだよな~。
この場合、それを達成するためには、ある程度の苦痛が伴う気がする。怖~い

目的・目標を達成するために労力を使うことには変わりはないのに、気持ちの持ち様はずいぶん違うかも。

努力の定義って難しいなあ。

いや~なことに対しての努力って、なんだか自分の中で「こんだけ努力してんのに・・・なんで・・・」というネガティブな要素がつきまとってる気がする。

もしくはそれ以前に、めんどくさいからやだな~と、その手前で止まっていたり。冷や汗

例えば、テニスで考えてみる。

人からはよく、
すごいね~、勉強熱心だね~。
とか、
なんでそんなことまで知ってるの? マニアック物知りだね~。
だとか、

言われることが多い。

でも、そう言われても、「好きだから」としか言いようがない。
別に熱心に勉強してるなんて思ったことは一度もないし、聞かれなければ、自分から語ることもない自然なこと。

こうやって考えていくと、『努力』という言葉。
そういえば、小さい頃からあまり好きな言葉ではなかったような気がする。

習字の授業の時に、半紙に書かされたっけ。ぷんぷん

キライなことやイヤ~なこと、なんとかどうやっても避けることができない時に頑張ることが、自分的には努力ってことになるかなぁ。

まあ、何をやるにしても、
これだけ努力してるのに・・・頑張ってるのに・・・
と、周りにアピールすることだけはやりたくないな。なんだか言い訳くさい。

いや~なことが相手でも、自然にできる(自然に近づける)ように、
方法を変えるかどうにかする。


101回目は是非とも快感で~ハート

 
日記 | 投稿者 エンゾ 09:46 | コメント(6)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
なんていうんだろ~。
努力って、努力の結果を人に認めてもらえればうれしいけれど、努力してることそのものを
認めてもらうためにしてるワケじゃないですよね。
努力してることそのものを認めてもらいたいときに、「私、努力してるのに…。」
という言葉になるのかな。
あとは、エンゾさんの書いてる通り、どんなにしてもうまくいかないときかな。
どう打ち破っていけばわからないとき、「努力してる『のに』」なんでしょうね。
何言いたいのか、わかんなくなっちゃった。

あの言葉と、サトウさんの記事のこと、ありがとうございました!
手帳は、ここ2週ほど止まり気味です。なかなか余裕なし。。。
テニス三昧したいよ~~~~~~~!
投稿者 ともも 2008/03/07 19:53
こんにちは。
エンゾさんが『努力』してることってナンでしょう---
と思いながら一週間---
テニスかな、それとも---

わたしとしては『努力』って体に悪いと思う。
「努めて力を出す」よりは「好きだからやる」のがいいですね!
投稿者 mary 2008/03/08 18:39
はじめまして!
『テニスが好き』それだけでいいのではないでしょうか?とももさんもおっしゃってましたけど。
好きという気持ちだけで、単調な練習も楽しかったり、テニスに関する雑学も増えていく。
子供の頃って、それが将来役に立つとかそんな事を考えずに夢中になるものあった気がする。大人になると、生産的でないものに夢中になっている人に対して、ちょっと否定的だったりするのかなあ。(でも、本当はちょっとうらやましかったりしてね。)
「頑張るねえ」とか「勉強家だね」という人には、にっこり笑ってテニスが好きなだけだよ」と
答えたらいいと思う。

そして、本当に本当に明確な目標があるならば、人から泥臭いと思われるほどの努力をしても決してそれは、恥ずかしいことではないと思っています。たとえ結果が出なくても!
目標を目指そうとした時点で、どんな結果が出ても後悔しないと決めて始めているわけですから!(テニスで最後に笑えるのは、優勝した人。一人だけですから!)

投稿者 うさこ 2008/03/09 19:10
とももさん、亀レスですんませ~ん。<(_ _)>
正直、今いろいろとしんどいんですが、それとこの記事はあんまり関係ないかなあ。
なあんとなくふと思ったことなので・・・。

例の薄皮は、サークルKに時々置いてありますよん♪
もう食べたかな?
投稿者 エンゾ 2008/04/05 18:22
maryさん、すいません。ほったらかしのブログで、ほんと申し訳ないです。。
僕は今のところ、努力と思われることはしてないかなあと思います。あまり自覚がないもので。(^_^.)
まあ、テニスは夢中になってやってることなんで、努力とは違いますな。。
「好きこそモノの上手なれ」を実践して参りたいです。<(_ _)>
投稿者 エンゾ 2008/04/05 18:25
うさこさん、はじめまして。そしてほったらかしのブログで申し訳ありません。<(_ _)>
最近、「頑張る」という言葉は使わないようにしています。
鬱症状の人にこの言葉は特に厳禁だそうで。
確かに、励ましているようでプレッシャーにしかならない言葉でもありますよね・・・。
モノの見方などなど、ちょいと角度を変えるだけで、いろいろな受け取り方があるなあと思う今日この頃。
まだまだ人生勉強不足です~。
投稿者 エンゾ 2008/04/05 18:30
画像
画像の数字:
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント: